« 2009年11月 | メイン | 2010年01月 »

2009年12月31日

PS2RCBコンバータに振動バッテリーモニタを付ける2

昨日の続き。
昨日の挙動不審の原因は、低速シリアルのコネクタをRCB1に挿すときに、ひっくり返していたのが原因でした。やっぱりこういうのは、一晩寝ないと袋小路に入り込んでしまいます。

で、バッテリの電圧降下で、ブルブルがまず完成。

ところが、半透明のコントローラで試すと、振動モータの小さい方しか回っていないことが判明。
原因を調査すると、大きい振動モータを生かすには、DUALSHOCK用のコマンドを送らないといけないことがわかりました。(http://applause.elfmimi.jp/dualshock.shtml を参考にしました。Applauseさんありがとうございます。)
原因がわかれば、コマンドを送ればいいので、何とか対応しました。(途中でFlashROMの容量を超えてあせりましたが、何とか収めました)

次に、信号反転回路の除去に取り掛かりました。実は、梓さん披露宴用のロボを作った際の成果として、信号反転回路の除去は目途が立っていたので、コンバータにも組み込んでみました。

そして出来上がったのが、下記の回路図とソフトです。以前の回路に比べるとだいぶ簡単になりました。

ソースコード
回路図

「SW設定やバッテリーモニタや状態確認のLEDはいらない」という場合には、さらに簡単になります。(SWでONの状態を使いたい場合は、対応するAVRの端子とGNDを接続します)
簡単にした回路図

J1をPS2コントローラに接続します。
J2を低速シリアル端子に接続します。
PAD1をバッテリーの+に接続します。(バッテリーモニタを使う場合に必須)
(J2のVccには、13Vくらいの電圧をかけてもいいので、PAD1とJ2-2番ピンを共通にすることも可能です)

SW1-1 をONにすると、低速シリアル
SW1-1 をOFFにすると、拡張低速シリアル
SW1-2 をONにすると、互換モード
SW1-2 をOFFにすると、DUALSHOCKモード

LED1 は、PS2コントローラとの接続状態を示します。
・点滅=未接続
・点灯=デジタルコントローラと認識
・点灯&ちょっと消灯=アナログコントローラと認識

LED2 は、バッテリモニタとして働きます。
・点灯=バッテリー残量OK
・消灯=バッテリー残量NG

投稿者 hiranoy : 23:59 | コメント (2)

2009年12月30日

PS2RCBコンバータに振動バッテリーモニタを付ける

PS2RCBコンバータに振動バッテリーモニタを付ける続きです。
7.5kΩと1.5kΩで分圧して、7.4V以下でブルブル来るかな?と思って電源オン。
電圧を下げていくと6Vより下でブルブル...。ブルブルし始める時のコンパレータ入力端子の電圧を測定すると、1.04Vでした。
tiny2313のデータシートを見直すと、min 1.0V, typ1.1V, max 1.2V と書いてあるーーー。最初のページの概要の1.23Vってなんのことだろう。
個体差も大きいようなので、1.5kΩの抵抗は半固定抵抗に交換しました。(とりあえず手持ちの5kΩ)
半固定にすると、問題なく 7.4V でブルブルさせることが出来ました。

でもその後が問題。

RCB1が応答しなくなりました。コンバータからのシリアル出力がいまいちなようです。
さらに、PS2コネクタに挿した、ゲームパッドの受信機もLEDがチカチカして、うまく無線がつながらなかったりします。コンバータ基板上のLEDの点灯をやめると、無線に関しては問題なくなったり。これは、PS2コントローラが本来3.6V用なのに、3.3Vで駆動しているため、電圧のマージンがほとんど無いことに起因するかもしれません。

八方塞りなので、明日に持越しです。

投稿者 hiranoy : 23:56 | コメント (0)

2009年12月29日

EeePCにタッチパネルを装着完了

先日購入していたタッチパネル化キットを、EeePC901Xに組み込みました。

ただ、付属の説明書は大事なところが書かれていなくて非常に苦労しました。

本体側の分解はネットにもいろいろ上がっているのと、先日SSDを組み込んだ際にもやっていたので、あまり難しくはありませんでした。

液晶側が大変でした。ネジの目隠しを6つ取って、ネジをはずすところまでは説明書どおりで難なく行ったのですが、ネジをはずした後、液晶の前についていいる樹脂パネルがどうやったら外れるか分からず、ネットで調査。マイナスドライバーでグリグリやるといった記述しかなく、試行錯誤でグリグリやってやっと外れました。そのため、慣れるまでにグリグリやったところが相当汚くなってしまいました。

次に、液晶をはずして、タッチパネルの約1mmの厚みを吸収するため、裏に貼ってあったスポンジ類を剥がしました。(表面が金属的になっているスポンジ以外)
液晶右下部分の裏面が当たる蓋の箇所が厚みがあって、液晶を引っ込めることができないようだったので、削りました。
液晶の底辺部の蓋側に5つくらいの突起があったので、1mmくらい削りました。
液晶パネルの右と左に1個ずつついている細長い板金部品をネジ2本はずして分離しました。そして、板金だけ先に蓋に取り付けました。

液晶にタッチパネルを載せ、位置決めの後OPPテープで固定しました。
それを、蓋にもどしました。(板金と液晶は固定されなくなりますが、きっちり位置は出るので問題ないと判断しました。

次の配線もきちんと説明が無い&説明書の写真と違う基板が付属していて難儀しました。
・写真と違う基板なので線の取り回しが試行錯誤となった
・写真と違う基板なので基板上のコネクタが異なっていて、基板上のシルクから推測してなんとかした
・タッチパネルからのフレキを挿すコネクタが裏表両方OKなコネクタだったので、片方でまずやって、だめだったら、もう一回ばらしてやり直す方法をとった。(結果、たまたま1回で済みました)

配線は以下のようになりました。基板上にはあと2つUSBポート(コネクタは独自)が出ています。
(作業前)カメラ用内部USB端子-----------------------------------カメラ
(作業後)カメラ用内部USB端子----(USB IN)キット付属基板(USB3)----コネクタ----カメラ
(Touch??)--------コネクタ------タッチパネル

仮組みして、起動。
無事起動したので、ドライバを組み込んだらあっさりタッチパネルが動きました。

ネジをきちんと締めて完成しました。(配線を挟み込んでしまって一度やり直したりしました)
蓋もきちんと閉じられるようになってます。

これで5時間くらいの作業でした。はっきりいって大変でした。誰にでも薦められる代物では無いと思いました。

タッチパネル化キットの存在と作業のアドバイスを下さった、まこさんに感謝します。

投稿者 hiranoy : 23:57 | コメント (0)

2009年12月28日

秋葉へ買い物

12/28と12/29は、休暇をとったので、9連休です。
16時くらいに家を出て、秋葉原へ、17時半くらいに到着。

テクノロジアでcoronボードを購入。荒井さんに年末の挨拶。
ROBOSPOTに寄ると、福袋の準備中。城間さん、引間さんに年末の挨拶。
秋月に行ったら、ATmega328 が売ってたので2個購入。mega328が\250って安くなったもんだ。
千石で、昨日計算した抵抗を購入。金属皮膜1/4W誤差1%のもの。10k,1.5k,7.5k,2kなど。
それから、単3x2本の電池ボックスを内蔵した汎用ケースを購入。

18時半から会社の忘年会だったので、飯田橋へ。
21時ちょっと前にお開き。

続けて、新宿歌舞伎町の都輝へ。(12/30で現在の場所は閉店)
いつものように飲んで歌って、ママさん(manzoさんのお母さん)に挨拶して、今日の用事は終了。

投稿者 hiranoy : 23:54 | コメント (0)

2009年12月27日

振動で伝えるバッテリモニタ

以前、AVR tiny2313 でRCBの低速シリアルとPS2コントローラのアダプタ基板を作りましたが、これにバッテリモニタを載せて、PS2コントローラの振動でバッテリの警告を伝えようとあれこれ。

tiny2313にはA/D機能が無いので、アナログ比較器を使います。

AVR内部に比較器用として1.23Vの基準電圧源があるので、バッテリ電圧を分圧して、警告レベルが1.23Vとなるような抵抗値を決めれば電圧の検知部分はOKです。

このまえ、シャントレギュレータを使ったバッテリモニタを紹介したところ、「1セルあたり3.1Vまで使って警告じゃあ実戦では使えない」との意見をいただきました。しっかり動き回るには3.7Vを警告レベルにする必要があるとか。

で、できれば固定抵抗がいいなと思い、E24系列の中から選定した所、
2セル用で7.4Vを1.23Vに分圧する抵抗値としては、 7.5kΩ+1.5kΩ または 10kΩ+2.0kΩ がよさそうです。
3セル用で11.1Vを1.23Vに分圧する抵抗値としては、 12kΩ+1.5kΩ がよさそうです。

今日はここまで。

投稿者 hiranoy : 23:59 | コメント (0)

2009年12月26日

GoSimulationをダウンロード

β版が試用できるのが12/31までと知って、あわててダウンロード。
まだDashモードしか使ってみてませんが、ZMPを表示させた状態で移動すると、ZMPの位置がすごく動きながら歩いているのがわかります。

投稿者 hiranoy : 23:53 | コメント (0)

2009年12月23日

キュベレイの素組み完了

12/23は、キュベレイの素組みをやってました。
2時間くらいで完成。
膝や股のピッチ軸は、ゲルググよりサーボを入れ込みやすそうです。可動範囲もゲルググより大きくとれるようです。

投稿者 hiranoy : 23:51 | コメント (0)

2009年12月20日

キュベレイをGET

以前飲み会の席で、MS-14Sを披露したとき「ゲルググは足が太いからサーボが入るんですよー」と説明したら、「キュベレイもいけるんじゃね?」といわれていました。

で、20日は、参加しているアニカラサークルの歌い納め&クリパだったのですが、プレゼント交換(のようなもの)で、「MG 1/100 キュベレイ」をもらってしまいました。

まずは素組みをやってみます。
(ダンバインのプラモも買ってあるんだけどなー)

投稿者 hiranoy : 23:51 | コメント (0)

2009年12月13日

練習会&忘年会&徹カラに参加

12日は、練習会&忘年会&徹カラに参加してきました。
昼過ぎまで寝ていて、家を出たのが16時くらい。RTに着いたのが18時くらい。

戦争状態の2国が仲良く試行錯誤中。
わたしは、MS-14Sを取り出し動かしただけ。モーションはSHRBのときのまま。
ほんとは膝を使った歩行を作るつもりだったんですが、話し込んだりして時間がなくなってしまいました。

20時ちかくになったので皆で会場のひろしへ移動。
いしかわさんは、一回家に帰っていて遅くなるということで、TOBBYさんの挨拶で忘年会スタートです。
ほどなくいしかわさんも到着して、再度乾杯。
同じテーブルになったしまけんさんからSHRBの私の衣装を見た感想で「平野さんがあんな人だったなんて、見損ないました(笑)」と言われました。受けたようでよかったよかった。わたしもあんな事態になろうとは、SHRBの2週間前には思ってませんでした。(笑)
そして、若手3人の女装で盛り上がりは最高潮に。
最後は、SHRB 2.5?が開催され、MS-14Sは、ソウガにブン投げられました。

2次会はカラオケ。23時半くらいにスタートで、0時過ぎたあたりで、1番しばり開始。それでも15曲ぐらいが常に予約されている状況のまま朝5時を迎えました。楽しいひと時でした。お疲れ様でした。30分だけ参加して0時に帰ろうとしていた人形つかいさんが、「そうすると途中で幹事が一旦清算しないといけない」と店のひとから言われて、帰ってしまわれたのが心残りでした。

だんだん徹カラがつらくなりつつある今日この頃。普通に昼に集まって歌ったらいいのでは?需要がありそうなら昼アニカラ企画しますよー。

投稿者 hiranoy : 23:51 | コメント (0)

2009年12月08日

EeePC901のタッチパネル化キットが到着

まこさん情報で、EeePC901のタッチパネル化キットが売られていることを知ったので、検索したところ、「VUNEX EeePC/ACERミニノート タッチパネルキットTF-8900」という製品が見つかりました。
しかも Amzonに出展している風見鶏というお店で3,680円。もう8.9インチのノートPCなんて時代遅れなので在庫一掃中のようです。(Amazonで「TF-8900」で検索すれば出てきます。2009/12/8現在)
で、ポチッとしたのが日曜日で、本日到着しました。
付属のCDに日本語マニュアルpdfも入っていました。
今日はネットで組み立ての情報を探すところまでで終わり。
タッチパネル分の厚みをどうするか(そのままだと蓋が閉まらなくなるらしい)が問題らしい。

投稿者 hiranoy : 23:53 | コメント (0)

2009年12月06日

無線コントローラを作成中

今日の昼間は、廊下の片付け。私の部屋からあふれた荷物が1年くらい占拠していたので...。

夜になってロボの作業を開始。
MS-14Sは、PCから操縦してましたが、それだと気軽に操縦できないので、小型のコントローラを作成開始しました。進捗は10%くらいか。

部品リスト
・単3電池x4ボックス(このうち2本を電池、残りのスペースに基板を入れます)
・CPU AVR tiny2313
・ZIGBEE ZIG-100B
・秋月 昇圧型DC-DCコンバータ 3.3Vタイプ (昨日、このために買ってきた)
・12MHzセラミックレゾネータ
・タクトスイッチ12個くらい

できれば、PCとつなぐ時用のUSB-シリアル FT232RL基板も入るといいなー。

投稿者 hiranoy : 23:42 | コメント (0)

2009年12月05日

バッテリーモニタを追加

今日は、秋葉原に部品を買い出しに行って、MS-14Sにバッテリーモニタを追加しました。
ロボスポにもちょっとだけ寄りましたが、お客さんはゼロ。「みんな浜松に行っているようですよ」と引間さん。

帰ってきてから、ブレッドボードで実験しながら、バッテリーモニタの回路や定数を決めました。
回路は以下のとおり。
BattMon.PNG
部品リスト
・STマイクロ シャントレギュレータ TL431 秋月電子で10個100円(日本無線のは1個30円)
・石塚電子 定電流ダイオード CRDE-103 秋月電子で10本300円(1本売りもあったと思う)
・LED 適当なもの
・半固定抵抗10kΩ 適当なもの

回路の中心は、TL431というシャントレギュレータ。(日本無線のNJM431というのもOK)
TL431のRef端子に2.5V以上の電圧がかかれば、TL431のカソードからアノードに向かって電流が流れます。(スイッチがONになる感じ)(ツェナーダイオード風の使い方なので、アノードとカソードが逆です)
ONになったときに、LEDが点灯します。LEDの上の部品は、石塚電子の定電流ダイオードの10mAのもの。
たとえば、LiPo2セル用に6.2V未満でLEDを消灯させたい場合は、VR上側を3.7V、VR下側を2.5Vに分圧する抵抗値に設定にすればOK。VRの矢印の下側の抵抗値が (2.5/6.2)*10kΩ=4.03kΩ となる位置ということになります。
たとえば、LiPo3セル用に9.3V未満でLEDを消灯させたい場合は、VR上側を6.8V、VR下側を2.5Vに分圧する抵抗値に設定にすればOK。VRの矢印の下側の抵抗値が (2.5/9.3)*10kΩ=2.69kΩ となる位置ということになります。
実際のMS-14Sでは、ブレッドボード上で実験しながら定数を決めて、上側10kΩ、下側6.8kΩの固定抵抗で実装しました。(LEDがOFFになる電圧約6.2V、LiPo2セル用)

マイコンのA/Dポートに分圧した電圧を入れて、ソフトで処理する方法もあったのですが(その方が点滅とかいろいろできていいのは分かっていたのですが)試しにハードウェアのみで作ってみました。

注意:上記回路において、10kのVRは、0Ω(0%)位置や10kΩ(100%)位置に合わせた状態で通電すると、TL431が壊れるかもしれません。電圧調整時はVRを中央付近に合わせてから通電を行い、目的の電圧に合わせていくようにするとよいでしょう。(もしくはVRの上下に1kΩの抵抗を入れておくと、0Ωになったりしなくなるので安全になります)

投稿者 hiranoy : 23:57 | コメント (0)

2009年12月02日

ど忘れ

今日はなんやかんやで仕事で忙しくしていました。
何とか今日やるべき仕事を終えたのが21時、家に帰ってきたのが23時過ぎ、パソコンを起動して、お気に入りのブログなどを巡回していると...、今日の夜に予定があったことを思い出しました。
サンレッドの主題歌や、日本ブレイク工業社歌で知る人ぞ知るmanzoさんの初のワンマンライブに行く予定にしていたことをすっかり忘れていました。そして、それに気が付いたのがmanzoさんのブログを見たときという...。orz

昨晩(12/1)は、サンレッド2期の主題歌「続・溝の口太陽族」がUGA+で配信開始日だったので、早速歌いに行ったときまでは、ライブのことも覚えていたのですが...。
11月始めには出張を忘れて普段の事務所に出社したりもあったし。まじめに手帳を買って、きちんと仕事からプライベートまで予定を書き留めるようにしないとまわりに迷惑をかけてしまいそうです。

若い頃は、忘れていることがあっても「何か忘れてる気がするなぁ」くらいの感覚はあったのですが、ここ最近の忘れは、「すっかり・完全に」忘れてしまってます。やばいです。

投稿者 hiranoy : 23:59 | コメント (0)