« VS-C1拡張シリアルコンバータ完成? | メイン | VS-C1拡張シリアルコンバータのソフト »

2008年09月24日

VS-C1拡張シリアルコンバータの回路図

とりあえず回路を公開しておきます。

tiny2313のRESET端子(1番ピン)とPSコネクタの8番ピンの結線は必須ではありません。この配線を行うと、基板完成後も、ソフトの書き込みがPSコネクタを経由して可能になります。

3.3kΩのプルアップ抵抗は、信号波形をオシロで見て決めました。tiny内蔵プルアップでは、波形の立ち上がりが非常に悪かったためです。

スイッチが1つついてますが、拡張低速シリアルと低速シリアルの切り替えに使おうかなと思ってます。
ソフトは明日公開。(たぶん)

低速シリアル出力は、tiny2313のTXD端子ではなく、汎用I/Oポートを使いました。これにより、外部の反転回路を省略しています。この信号は+3.3Vですが、+5Vへの昇圧は行っていません。RCBの入力でHレベルと見なす閾値は越えていると思うためです。(ただし、まだ実験してません)

投稿者 hiranoy : 2008年09月24日 23:50

コメント

コメントしてください




保存しますか?