« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

2006年07月29日

呑処ひろし復活祭に行ってきました

呑処ひろし復活祭に行ってきました。
居酒屋バトル用に「ぷてぃきゃのん」を持参。
ただソフトは5月から進歩してないので、ボタンにポーズを割り当てる機能のみ。
歩かせるには6つのポーズを6つのキーに割り当てて順番にボタンを押すという方法。

でもリングは無しとのことだったので、ThinkPadの上で動かして遊んでいたらThinkPadからぷてぃきゃのんが転落、その勢いで散財さんのウーロンハイのコップに激突。コップが落下。割ってしまいました。すみませんでした。

散財さんのW-ZERO3esを見せていただき、欲しくなってしまいました。長男が来春高校生になるので、家族でPHSに乗り換える予定もあるのでそのときにesを買ってしまうかも。
あと、散財さんのタブレットPCもいじらせていただきました。これは欲しくなっても高いので買えません。(ロボットをやめれば買えそうですが...)

帰りは小田急の相模大野まで、城間さん一家とご一緒しまして、いろいろお話させていただきました。

投稿者 hiranoy : 23:57 | コメント (0)

2006年07月28日

秋葉原で買い物

仕事で都内でセミナーに参加したので帰りに秋葉原のアールティに行ってきました。
目的は2350HVの補充です。
お茶やお菓子をいただきながら、1時間くらい、中川さん、八杉さんとロボット談義。

その後、王国で5052の板を購入。
ザコンのロボットコーナーを見て帰途に着きました。

帰りに見かけた小田急VSE
20060728VSE.JPG

投稿者 hiranoy : 23:03 | コメント (3)

2006年07月26日

折り曲げ機に土台をつける

20060726Bender1.JPG
折り曲げ機に土台の板をつけました。280mmx280mmx18mm くらいの板です。
本当なら、作業台にねじ止めが一番なのでしょうが、移動とかも考えて、小さな板にしました。
それでも安定感はあがりました。

20060726Bender3.JPG
折り曲げ機の足に空いてる穴はφ8くらいだったのですが、ちょうど良いねじがなかったので、φ6×25mmのタッピングねじでとめました。

投稿者 hiranoy : 23:59 | コメント (0)

2006年07月23日

折り曲げ機が到着

20060723Bender1.JPG
ベルメックスに注文していた折り曲げ機が到着しました。
本体¥28,500+送料¥1,500でした。

組み立てて、さっそくアルミの切れ端(5052、1.5t)を曲げてみました。
20060723Bender2.JPG
見事です。HOZANの折り曲げ機では(私には)できなかった美しさです。

投稿者 hiranoy : 23:51 | コメント (0)

2006年07月18日

インターフェース付録基板にSRAMを追加(8ビット幅)

メカボンB用に使っていた、SH2/7045の基板が直せそうにないので、インターフェースの付録基板に載せかえることにしました。
で、載せかえるにはRAMが少ないのでSRAMを追加することにしました。インターフェース付録基板には、あらかじめ、16ビット幅のSRAMが搭載できるように基板が作られています。しかしただ載せてしまうと、アドレスバス18本、データバス16本、制御信号4本、の計38本のI/O端子が無くなってしまい、I/Oが足りなくなってしまいます。そこで、16ビット幅のSRAMを8ビット幅で使う改造をしました。

・ロジックICは実装せず、2番ピンと3番ピンをショート、7番ピンと8番ピンをショート、6番ピンと14番ピンをショートします。

・SRAMの44番ピンにつながっている、SHのA18信号をカットします。そして、SRAMの44番ピンにはSHのA0信号を供給します。

20060718SRAM5.JPG

20060718SRAM4.JPG

これで、8ビット化が完了です。アドレスバス18本、データバス8本、制御信号3本になり、9本のI/Oが捻出できます。ただしSRAMの容量は半分になります。

投稿者 hiranoy : 23:38 | コメント (0)

2006年07月17日

わんだほーろぼっとかーにばるに参加

20060716WRC00Opneing.JPG
昨日、わんだほーろぼっとかーにばるに参加してきました。
前日の晩は、疲れていたので、朝の4時に起きて準備を開始しました。
芝浦工大ロボフェス以来、メカボンBをいじっていませんでしたので、ロボフェスのときの挙動不審だったところの調査を行いました。うまく動いたり、動かなかったりという症状でしたので、どこかが断線していると思い、テスタでいろいろあたってみたのですがOK。CPUの半田付けが怪しいところが1箇所あったので修正したのですが、この端子も使っていない端子で、結局分からずじまいでした。
時間も来たので昼過ぎに家を出発。会場には14時45分ごろ到着。その後も、何とかうまく動かないかやったのですが、全種目棄権しました。
そのおかげで、普段はあまり他の方の競技は見れないのですが、今回は十分見ることができました。
・「ボトルトラクション」では、MAGIが4本のペットボトルを入れてぐいぐい引っ張ります。ロボットの重さはKHRとかとそう変わらない軽量の機体ですが、すごかったです。モーションの違いや足裏の違いなのでしょうか。
・ゴーレム君も「サイコロシュート」で、競技デビュー。おめでとうございます。腕がもげて痛々しかったですが。
そんなこんなで楽しいませていただきました。

打ち上げは、秋葉原の居酒屋で行われました。
なんかすごい楽しそうな企画が進行中のようで、楽しみです。

打ち上げが終わったのが11時20分ごろ、小田急に乗るための新宿までの電車の中、高橋嬢とごいっしょしました。オーム社に入社してたまたまロボマガに配属されたのではなく、ロボマガの編集をやるためにオーム社に入社されたそうで、しかも学校推薦(高専の卒業生はほとんどが学校推薦を受けての就職)無しで応募されたとのこと、感心しました。

私の場合(20年前)、学生時代にバイトでパソコン用ゲームを作っていたのもあって、

私 「任天堂に就職したいです」
先生「誰も先輩が行ってないからダメ(推薦は出せない)」
私 「じゃあ第2希望の日本DECに行きます」

です。意志薄弱...。
でも第2希望の会社には、マイクロマウスをやっていた憧れの先輩が就職していたので、行きたい会社ではあったのです。

投稿者 hiranoy : 23:03 | コメント (0)

2006年07月10日

PSoCの無料セミナーに参加

PSoCの無料セミナーに参加してきました。
場所は、東京コンファレンスセンター品川というところ。

13時開始で、概要や今後のロードマップの説明の後、今回のメインテーマCapSenseの概要、技術解説。PICの製品一覧が出てきたりして、対抗意識があるようです。

15時頃に休憩。このとき、会場で、なぐさん発見。

休憩の後は、実習。持ち込んだ各自のPCを使っての実習なのですが、PSoCDesigner(開発環境)のインストールではまる人がちらほら。サイプレスの人も対応に追われていました。その後、4つのサンプルプログラムがあって順に動作させて、静電容量式タッチスイッチの理解を深めるというものだったのですが、4つのうち2つがうまく動作できない人が約半数いるという、ぐだぐだな実習になってしまいました。なんでも最近PSoCDesinerがバージョンアップしたため、おかしくなったのではとのこと。うーん。
20060710CapSense.JPG
これが実習で使ったキット。MiniProg(PSoCのライター)付き。これを終了後もらいました。
13時から17時で盛りだくさんの内容だったため、「容量センサを使ったタッチキーがPSoCで作れる」というくらいのことしか理解できませんでした。

17時くらいから、なんと、立食形式で懇親会。参加費無料なのに。
サイプレスのPSoCにかける意気込みが伝わってきます。(実習はぐだぐだでしたが...ってシツコイ?)
なぐさんと石井さんとロボット談義。ほとんどPSoCとは関係ないはなし。帰り際に、なぐさんが、サイプレスの人に「$10キットのCコンパイラのライセンスがメールされてきません」と問い合わせ。メールで送ってもらえるそうで、めでたしめでたし。

投稿者 hiranoy : 23:04 | コメント (0)

2006年07月09日

仙台みやげ

出張に行ってきました。
出張先は、盛岡と仙台だったのですが、仙台でお土産を購入。
いまどき仙台土産といえば、笹かまぼこでもなく、牛タンでもなく、コレ。

20060709Robozak.JPG
ロボザックでしょう。

11号まで出てました。でも、11号まで買っても続きが買えないので、5号まで買いました。
HITECのサーボを使ったことが無いので、そういった興味もありました。

「お土産といいつつ自分用でしょ」という突っ込みはかんべんしてください。

投稿者 hiranoy : 23:33 | コメント (0)

2006年07月07日

猫耳新幹線FASTECHに遭遇

出張で盛岡に行ってたのですが、盛岡駅で、猫耳新幹線として一部の人間に有名なFASTECHに遭遇しました。
20060707Fastech2.JPG
ノーズ部分には、センサーらしきものがテープで止めてあったりして、さすが実験車両という感じでした。

投稿者 hiranoy : 23:48 | コメント (0)